ごあいさつ

 小さいからだに、それぞれ独自の個性や能力を秘めて生まれてくる子どもたち。
その個性や能力は、適切な時期に適切な指導を得ることですばらしい発達をみせるのです。

 乳幼児期は、子どもの成長にとって、そうした最も大切な時期にあたります。
しかも、その教育的使命は、最近の社会・家庭環境の変化に伴ってますます 重要なものになるいっぽうです。

 すべての子どもたちが、生まれながらの個性や能力を伸ばし、情緒豊かな、 心身ともにたくましい人間としてのスタートを切れるように、
家庭と園とが手をたずさえて、 お子様の成長を見守り、援助して行けることを願っております。

認定こども園みくに学園理事長 杉山 喜之